お礼

お礼は葬儀が終わった後、日をおかずにお礼とあいさつを行うことが礼儀とされています。
わたしは母から「葬儀がすんだら遅くても7日以内」と教えられました。
祖母がなくなったことは、葬儀の3日以内に、直接寺院を訪れてお礼した覚えがあります。
しかし近年では、お通夜のあとに、お礼を渡すことが一般的になってきたようです。
覚えておきたいこととして、すでにお布施を渡している場合であっても、あいさつをするのは必要。
今後の法事の打ち合わせもしなくてはいけませんので、必ず足を運ぶようにしましょう。

近所やお世話になった人たちへの、お礼とあいさつは、葬儀の翌日に行うようにしましょう。
時間がない場合は、遅くても初7日までに申し述べます。
その際、喪主、または遺族があいさつ周りに出ます。
強力していただいた感謝の気持ちをお礼として申し述べましょう。
もちろん、世話係の方にお礼をしなければならない状況であれば、当日であっても、現金を包んで渡しましょう。
その際、「御礼」でも、「お車代」でも、どちらでもかまいません。

わたしも以前困ったのが、あいさつにまわる範囲。
世話になった人、個人の恩人はもちろん、会社関係者や町内会なども対象となります。
特に自宅で行った場合は、近隣に迷惑をかけているはず。
おわびも兼ねて、あいさつまわりを忘れずに行いましょう。
近年では、近隣の方よりも勤務先の方が世話してくれるパターンが増えてきているようです。
各種の手続きを済ませるためにも、あいさつには必ず伺うようにしましょう。

何かと費用がかかってしまうさいたま市 葬儀は、事前に情報収集をしておくと便利。人気の葬儀社が提供しているプランやサービスを見て選んでみよう。
すべてを乗り越えねばならない時です。葬儀は横浜で。見積もりなども全て出しておりますのでおぜひご検討ください。



What's New

2013/02/04
おすすめ記事3を更新。
2012/11/05
おすすめ記事2を更新。
2012/03/14
おすすめ記事1を更新。
2011/11/15
特殊手続きを更新。
2011/11/15
国民年金についてを更新。
2011/11/15
最新情報を更新。
2011/11/15
返却手続きを更新。
2011/11/15
手続きを更新。
2011/11/15
葬儀でDON!を更新。
2011/11/15
ホームページリニューアル
最新情報 | 葬儀でDON! 2011年12月05日